web development

Blog

お金に困っているとき、または将来に不安があるときは、どうしてもお金のためについ無理をしてしまいがちです。

ですが、そういうときこそ、お金に対する考え方を改め、良い結果を生むような思考に変えていきたいものです。

お金に対する捉え方は長年の癖のようなものが大きいようです。

もしくは親の影響もあるかもしれません。

ですが、それはあくまでも過去のことです。

自分の今や未来のために、まずはお金に対する意識改革をしていくことが必要です。

自分の意識が変わることで、お金の流れも変わっていきます。

お金のために自分を犠牲にしない

かつて私がやっていたことですが、より多くの収入を得るために、睡眠時間を削って副業をやっていました。

確かに一時期は収入が増えたのですが、睡眠不足が続いたことで、体が思うように動かなくなっていきました。

そこで、本業と副業をこなすために、自炊を止め、ほとんど外食になりました。

ですが、このことでせっかく副業で得た収入のすべてが食費に回りました。

現在は副業をする人も増えてきているようですが、少なくとも時間を切り売りするような仕事は止めたほうが良いでしょう。

お金のために自分を犠牲にするような働き方では、結局失敗してしまいます。

なので、まずはその考え方を改める必要があります。

お金に動かされている自分ではなく、自分がお金を動かす意識を持っていくことが必要だと思います。

お金を好きになる

お金が入ってくる大前提として、まずは自分がお金を好きになることだと思います。

お金に対してネガティブな感情を抱いてしまうのは、やはり過去のいやな経験から来るものです。

私もそうでしたが、お金に対する感情を良いものに変えたことで、お金との付き合い方がよくなり、お金が入ってきやすくなりました。

どうしても嫌悪感を抱いてしまう場合は、いきなり好きにならなくても、まずは嫌いでなくなるところから始めるとよいと思います。
また、お金を得たいときはそれを具体化するために、ノートなどの紙に書くと、効果が出やすくなります。

ですが、非現実的な金額だとすぐには叶いにくいので、まずは現実的な金額から設定していくとよいでしょう。

お金を使えば、必ず入ってくるとは限らない

お金の使い方として、投資と浪費という考え方があります。

投資の場合は何倍にもなって返ってくるが、浪費の場合は単なる無駄使いになってしまうといわれることもあります。

ですが、お金を使った本人が仮にこれは浪費で、無駄使いをしてしまったと思っていても、誰かがそれで収入を得られたことには変わりません。

そう考えれば、浪費と思えるお金も世の中の役に立っていると考えられます。

私の経験では投資をしても、必ずしもお金が戻ってくるとは限らないと思っています。

また、寄付などの良いお金の使い方をしても、それが別の形で必ず戻ってくるとも限りません。

使ったお金が再び別の形で入ってくるようにするには、自分なりのお金の入る道を設定する必要があります。

それを考えて実行するには自分しかいませんし、誰かがヒントをくれるかもしれませんが、最後は自分で見つけていかなければいけないものだと思っています。

誰もが1日24時間の中で生きている中、お金の有り方は人それぞれです。

同じ状況でも考え方が全く違えば、その後のお金の流れも変わっていくでしょう。

できるだけお金の状況をよくしていくためには、ネガティブな思考をしないようにしていきたいものです。

過去と他人は変えることはできませんが、現在と未来、そして自分は変えていくことができます。

また、自分の思考が変われば、過去のとらえ方も変わっていくので、結果的に過去も変えていくことができるでしょう。

自分がお金に好かれる生き方をするか否かは、自分次第で変えていくことができることを実感していきましょう。